【小5算数】小数点を含む単位変換

ある生徒が、「距離の単位、mとkmの変換」で躓いていることが判明しました。

たとえば、「850mをkmに直すとどうなるか?」と訊いてみると、「8.5km」と答えるのでした(正解は0.85km)。
「1km(1000m)よりも長くなるけど大丈夫?」と訊いてみる私。

次に!!!

「7654mをkmに直すとどうなるか?」と訊くと、
「7.654km」と答えるのでした。

ここで考えられる、この生徒の間違った覚え方は2つ。

  1. 与えられた値の、初めの数字のすぐ後に小数点を打ってしまっている。
  2. 1000m未満の距離をkmに直すやり方が理解できていない。

良く話を聞いてみると、どうやら1000m以上の距離はきちんと変換できると分かりました(42195mは42,195kmなど)。
ここで、「1000mは1kmである。」と言う事実を思い出してもらい、夏の友と教科書をたどりながら

1m は 0.001km
10m は 0.01km
100m は 0.1km

を確認していきました。
そうすることで、800m は 0.8kmを導きだし、
850mは0.85kmであることを確認したのでした。

生徒が、どの部分を理解出来ていないのか、講師が見つけていくのが重要なのだなと感じました。

【体験授業】単位変換と漢字と作文と。

今日の小5向けの、漢字パズルは骨が折れました。
例えば、
「全」「生」「交」…で始まる二字熟語を、下の語群から選んで完成させなさい。という問題です。
大変厳しい点は、一度使った漢字は二回使えないということでした。
「さっき、「生長」って書いたけど、「長」の字は「全」にくっつけて「全長」にしよう。」と…語群の中の漢字は全て使い切らないといけなかったので、最後の3〜4個漢字が残ったときは大変でした。

次に、算数での単位変換のコツです。
「1立方mは何立方cmか?」のような問題です。
生徒は取りかかりが分からなかったようなので、
「1mは何cmかな?」
→「1立方mは1×1×1なので、それが100cmならどんな式になるかな?」
→「100 × 100 × 100」と順序立てて考えるコツを教えました。

中学1年生の作文。
「夏に食べた美味しいものを他の生徒に、100文字以内で推薦しましょう。」というものでした。
この生徒は作文が苦手だとのことでした。そこで、作文を書くコツとして、問題文中のガイドに従って、「具合的な食べ物・味・大きさ・食感など、思いついたことを箇書きにする。」を実践しました。まずA4の真っ白な紙に項目を沢山書いて、文章にまとめると上手く書けたようです。
文章が思い付かない場合は、要素を沢山並べて、それを寄せ集めれば良いものが書けそうですね。

熊塾、開校します。

親御さんが買い物に行っている間に宿題を進める、済ませるというコンセプトの熊塾。

家事などが忙しくて、お子さんの宿題を見てあげるのが難しい方にオススメです。

熊塾では、随時体験教室を行っております。
皆様、お気軽にコメントを下さいね。